恐怖の泉

実話系・怖い話「でてきてくれるかな~」

これは私が大学生だった頃、友人と一緒に体験した話です。

その友人は8階建てマンションの最上階に住んでいました。
3LDKの部屋を借りて、他2人とルームシェアをして暮らしていたようです。
その物件はどの部屋も同じような間取りで広さがあり、彼らと同じようにルームシェアをしている大学生や、家族で住んでいる方もいらっしゃいました。

私も何度か足を運んだ事があるのですが…失礼な言い方ですがお世辞にも綺麗な所とは言えず、「古めかしい」という言葉がぴったりな建物でした。
汚いという訳では無く、建物が老朽化するのも仕方がない事ではあります。
それでも、何と言いますか管理が行き届いていないというか。
敷地内の木々も剪定がされておらず、近づき難い雰囲気がありました。

スポンサーリンク

友人の部屋は8階なので、もちろんエレベーターを使います。
そのエレベーターも年季が入っており、初めて乗った時は急に停まったりしないだろうか…と少し不安になった覚えがあります。

ボタンを押して待っているとエレベーターが到着し、乗り込もうとすると向こうから小さな男の子が走ってきました。
おそらく4歳か5歳くらいでしょうか。とても小さくてかわいらしい男の子です。
背伸びしてもエレベーターのボタンに届かないらしく、頑張ってる姿は微笑ましく応援したくなります。

「何階に行きたいのかな?」
そう私が尋ねると
「6階!」
元気よく答えます。
私が6階ボタンを押して到着すると、その子は
「ちゃんとでてきてくれるかな~。」
と無邪気な笑顔で独り言を言いながら駆け出し、エレベーター近くの部屋である603のチャイムを押して、扉が開くのを待っています。
その様子を横目に、私は友人の部屋である803号室を訪ねて宅飲みを開始しました。

しばらく楽しんでいると夜も更けてお酒が足りなくなり、私はアパートの隣にあるスーパーへお酒とつまみの追加を買いに行きました。
時間はすでに午前3時。
こんな時間では買って帰っても飲まずに寝てしまうんじゃないだろうか、と思いながらも買い出しを終え、エレベーターに乗り込みます。
すると、昼間会った男の子が走って飛び乗ってきました。

酔っていたとはいえ、流石に
「何故こんな時間にこの子は外を出歩いているんだ?」
と私は思いました。

「たしか…6階だったよね?」
昼間と同じ階だろうと思った私は、その子へ尋ねます。
すると
「ううん。7階だよ。」
と返事をしてきました。

あれ?私の記憶違いだったかな?と思いつつ、言われた通り7階のボタンを押してやります。
7階に着くと、彼は近くの部屋の703へまっしぐらに走って行き、チャイムを鳴らして扉の前で待ちながら
「ちゃんとでてきてくれるかな~。」
と言っています。
私は少し薄気味悪い物を感じ、部屋に帰るなり友人にこの話をしました。

「603?確かフットサルサークルの先輩が住んでるはずだから、子供はいないけど。」

一応、その先輩に確認してみる事になり、迷惑を承知で電話をしてみます。
すると先輩は「昼間にチャイムの音を聞いたが、覗き穴から外を見ても誰もいなかった」と言っていました。

思わず顔を見合わせる私と友人。時刻はすでに午前4時30分です。
これはもう寝てしまおう、という流れになりました。
その時です。

ピンポーン

チャイムの音が響きました。
背筋に寒気が走り、心臓の鼓動が早まります。
「これは絶対出てはいけないヤツだ」
と、私は直感しました。
ところが止めれば良かったのに、友人は
「少しだけ外覗いてみる」
と言って玄関に向かったのです。

すぐに彼は戻ってきました。
「何か見た?まさか子供いた?」
私が尋ねると、友人は
「いや、誰もいなかったよ。」
と答えたので、私はホッと安心しました。
ところがその安心も束の間、友人は続けます。

「外には誰もいなかったんだけどさ。玄関に近づくと声が聞こえたんだよ。
『ちゃんとでてきてくれるかな~』
って。小さな子供みたいな声で…。」

これ以来、私は友人の部屋に行っておらず、友人も卒業で引越ししました。
もし玄関を開けて出ていたら、どうなっていたのでしょうか…。

前の話幽霊のイラスト次の話

スポンサーリンク

TOP