恐怖の泉

都市伝説の怖い話「メリーさんの電話」

とある家族が引越しをすることになったのだが、その際に女の子が「メリー」と呼んで大事にしていた人形を誤って捨ててしまった。
とても悲しんだ女の子を哀れに思った両親は
「新しい人形、買ってあげるから」
となだめて、女の子も渋々納得した。

新しい土地での生活にも慣れ、女の子もやがてメリーという人形の存在を忘れていた。
そんなある日の夜、家に電話がかかってきた。両親がまだ帰宅していないため、女の子が電話に出る。

「もしもし。」
「…。」
「もしもし?どなたですか?」
「私、メリーさん。今、ゴミ捨て場にいるの。」
「えっ?!」
ガチャ…。
電話はそこで切れてしまった。

メリーといえば、私が失くしてしまったあの人形だ。いたずら電話だとは思ったが、なんとも不気味だ。

すると直後、また電話が鳴り響いた。またきた…と思いつつも、両親からの電話かと思って女の子は受話器をとった。

「もしもし、お母さん?」
「私、メリーさん。今、○○駅にいるの。」
ガチャ。

また電話が切れる。
○○駅といえば、女の子が住んでいる地域の駅。いたずら電話にしては何かがおかしいと、女の子は思い始めていた。

そしてまた電話が鳴り響く。またメリーさんなんじゃ…と思ったが、女の子は母親からの電話だと自分に言い聞かせて受話器をとった。

「もしもしお母さん!?早く帰ってきて!!」
「私、メリーさん。△△の前にいるの。」
ガチャ。

△△といえば女の子の家からすぐ近くにあるお店だ。女の子は、いたずら電話の主が次第に近づいてきている事に、この時気づいた。
言いようのない恐怖が女の子の心を蝕み始めた。
何かヤバい…と思った女の子は、母親の携帯電話へ連絡しようと受話器をとった。するとほぼ同時に電話が鳴ったため、電話を受けてしまった。
恐る恐る受話器を耳に押し当てる。

「…はい…。」
「私、メリーさん。今、××ちゃんのお家の前にいるの。」
ガチャ。

女の子は戦慄した。××という自分の名前を言った上に、なんと自分の家の前に、電話の主は来ているのだという。
あまりの恐怖に女の子は電話の線を抜き、玄関から外の様子を伺った。

外には誰もいない。電信柱の街灯が、道路を不気味に照らし出しているだけだ。

居てもたってもいられなくなった女の子は、玄関の鍵がかかっていることを確認して、自分の部屋に閉じこもろうと階段に足をかけた。
するとその瞬間、電話線を抜いたはずの電話が鳴り響いた。

鳴るはずのない電話が鳴った。もうわけがわからなくなった女の子は、恐怖と怒りを露わにして電話に出た。

「あなた一体なんなのよ!いい加減にして!!」
「私、メリーさん。今、あなたの後ろにいるの。」

電話をとった女の子のすぐ後ろにはメリーさんが…。


「メリーさんの電話」はとても有名な都市伝説で、様々なアレンジもなされている話です。メリーさんではなく、リカちゃん人形が電話をかけてくるパターンもあります。
このジワジワくる恐怖と、想像を駆り立てるラストが、個人的には好きな怪談ですね。
電話に関する怖い話は数多くありますが、メリーさんの電話はその元祖とも言える都市伝説です。

前の話幽霊のイラスト次の話

スポンサーリンク

TOP