恐怖の泉

都市伝説の怖い話「コインロッカー」

年も若かった女性が妊娠をしてしまった。
当然結婚もまだしておらず、子供を育てることもできないと思った彼女が取った行動は、子供をバレないように産んで捨てる、という選択肢だった。

子供を置く場所に困った彼女だったが、悩んだ末に駅のコインロッカーを利用することにした。
「ごめんね…ごめんね…」
自分はとんでもない事をしてしまった、という自責の念がありながらも、彼女はコインロッカーに産まれて間もない赤ちゃんを放置し、立ち去った。

それから数年間は、彼女はそのコインロッカーを避けるようにしていた。ところがある日、どうしてもそのロッカーの前を通らなければならなくなった。
するとそのコインロッカーの前で、まだ小さい男の子が泣いている。
これは親とはぐれて迷子にでもなったかな?と思った彼女は、その男の子に話しかけてみた。

「大丈夫?どうしたの?」
男の子は泣いていて答えない。
「迷子になっちゃったのかな?」
相変わらず男の子は泣いている。
「お母さんはどこにいったのかな?」
すると男の子はピタッと泣き止んで、彼女を見ながら答えた。

「お前だ!」


コチラは実際にあった事件から発生しているとされている、珍しいパターンの都市伝説です。
コインロッカーに赤ちゃんが捨てられていたという事実は痛ましいです。妊娠を望んでいないのであれば、せめて避妊をして頂くよう願うばかりですね。

参照:コインロッカーベイビー

前の話幽霊のイラスト次の話

スポンサーリンク

TOP