恐怖の泉

上級者向け怖い話「委員長のヒミツ」

中学生の時にクラスの委員長だった彼女は、皆によく頼まれ事をされては嫌な顔1つせず素直に引き受けたり、人の嫌がる事を自ら引き受けるような、とてもいい子でした。
それを知ってか、クラスのほとんどの生徒が彼女に頼み事をしていました。

俺とはあまり関わる事は無かったのですが、2、3度話した時はごく普通の感じでした。
卒業までの1年間、委員長はずっと変わらず彼女1人で務めていたと思います。
彼女は卒業式でクラスのみんなから寄せ書きをもらっていて、それらを大事そうに抱えて笑っていたのが印象的でした。

【原作】委員長のヒミツ【朗読版】
「上級者向け怖い話8連発 -ゆ-」のサムネイル画像
※この話は原作者から正式な許可を頂いて掲載しております。

その卒業式から3日くらい経った日の事でした。
俺は高校に陸上の推薦で進学するのが決まっていたので、半月ほど前から自主練習の為、夜に走るのが日課となっていました。

いつものコース。アップダウンの激しい坂道を駆け、少し寂しい林道を抜け、大きめの交差点を迂回して戻ってくる。
距離にして、約4kmくらいでしょうか。
少し寂しいといっても街灯はいくらかあるので、走る分には問題無かったのですが、その日。
林道を少し入った森の中に、委員長だった彼女を見たのです。

彼女は何かを棒で殴っていました。
時間は11時くらいだったので、明らかにおかしいと思った俺は反射的に足が止まっていました。

委員長で優等生だった子がこんな遅い時間に、森の中で何かを殴っているという異様な光景に怖気づいて、俺は話かける事が出来ませんでした。
幸いそれに熱中していたのか、彼女はまだこちらには気付いていないようで、何を殴っているのか気になった俺は身を隠しながら、少し近づいてみました。
そして、見てしまいました。

あの時もらったであろう、卒業アルバム。それと寄せ書き。
その他、中学校に関係するものがその場に散乱し、彼女はそれを殴っていたのです。

あまりの衝撃で動けずにいた俺は、彼女が振り返った時もその場を離れる事が出来ませんでした。
息を切らしているのか、肩が大きく上下させる彼女はこちらに寄ってくる事もなく、ただその場に立っています。
すると彼女は奇妙な動きを始めました。

それがなんというか、足はピッタリ閉じて、両手を上向きに折り曲げて固定。
少し笑った顔はこちらに向いたまま、首のみを高速で横に動かすのです。
それを見た時が限界で、俺は来た道を全力で走りました。
それからというもの、夜の自主練習はしていません。

彼女は何を憎んで、あれらの物を殴っていたのか。
その事に関しては大体想像できますが、なぜあのような動きをしたのか、あの動きは一体何だったのか…それはいまだに謎です
文字だけではあの動きをうまく伝える事が出来ませんが、本当に奇妙で何かに憑りつかれているようで、不気味でした。

前の話幽霊のイラスト

スポンサーリンク

TOP