恐怖の泉

実話系・怖い話「噂の公衆電話」

私が中学生の時。
馴染みの友人2人と家に集まって、オールの勢いで他愛のない会話をしていました。
その際に誰からともなく地元で話題の「出る」という公衆電話の話になったのです。

友人宅から歩いて30分かかるかどうかの距離で、住宅街から少し外れた場所にポツンとあり、遠目から見ると何の変哲もない公衆電話。
これに何故か突然「出る」という噂が広まっていました。

「本当に出るのか見に行こうぜ。」
話題に飢えていた私達でしたから、勢いで突撃してみる事にしたのです。

スポンサーリンク

時刻は深夜2時くらいだったでしょうか。
こんな時間ですから、公衆電話までの道のりは誰にも会う事なく到着です。

暗闇に浮かび上がる公衆電話はそれだけでも不気味で、本当に何かが出そうな雰囲気はありましたが…特に異変はありません。
そこで中も調べてみようと近づいた時でした。

「おぉぉ!て!て!」

友人の1人が大きな声を上げて私達の腕を引っ張り、来た道を猛ダッシュで戻ろうとしたのです。
何が起きたのか分からないまま、私達は駆け出して最寄りのコンビニへ雪崩込みます。

一体何があったのか、急に大声を上げた友人に話を訊きました。
「お前達見えなかった?!公衆電話の受話器に手だけくっついてたよ!」
そう言われても、見たのはその友人だけ。
本当に見たと震えあがる友人を横目に、私ともう1人はすっかり興覚めです。
「そんな演出とかいらないって。」
「いや手だけあったんだって!マジで!」
そんな押し問答をしていると、手を見たという友人の電話が一瞬鳴りました。
取り出して画面を見たその友人は、青い顔をして画面を私達の方へ向けてきます。
え?と思って見ると、そこには

不在着信 公衆電話

と表示されていました。

更に信じられない事に、私達の携帯にも公衆電話からの着信が来たのです。
所謂ワンギリというもので、すぐ切れるので通話は出来ません。
それが数分くらいのタイミングで、何度も私達の携帯へかかってきます。

これはマズいと感じた私達3人は携帯電話の電源を落とし、友人の家へ戻ってゲームや馬鹿な話で場を繋ぎ、そのまま朝を迎えました。
日が昇って恐る恐る携帯電話の電源を立ち上げましたが、その後は一度も公衆電話からの着信はありません。

この話をしても誰も信じてくれず、公衆電話の出るという噂もしばらくして聞かなくなりました。
手を見たという友人の話は本当なのか分かりませんが、公衆電話からワンギリがかかってきた恐怖は今でも忘れられません。
そもそも何の前触れも無く、なぜ突然その公衆電話に出るという噂が流れたのでしょうか…。

前の話幽霊のイラスト次の話

スポンサーリンク

TOP