恐怖の泉

人間の怖い話「Aさんの親友」

ある日、高校時代の友人が亡くなったと連絡がありました。知らない声の女性でした。
なぜ私の携帯番号を知ったのかと聞くと
「彼女から聞いていた。あなたが彼女の唯一の親友だから。」
という答えが返ってきました。

電話をしてきた方は、亡くなった彼女の幼馴染で、家が隣だと言います。
ですが私が亡くなった彼女(仮にAさんとしておきます)の親友って…そんなはずはありません。

スポンサーリンク

確かに同じ部活をしていましたが、Aさんは皆から人気があり、美人で注目を浴びる人でした。
性格がよくいつも明るい。
女子が噂する男性達も、皆口々に彼女が好きだと言います。
Aさんはよく私に、悩み事を相談していました。
あの人は気持ちが悪いとか、交際を断りたいとか。
私にすれば贅沢な悩みです。
Aさんは周りに気を使い過ぎて、実は見かけによらず神経質なのだと自分で言っていました。

印象に残っているのは、私が思いを寄せていた先輩の話です。
Aからいきなり、その先輩に襲われたと泣かれて告白され、耳を塞ぎたい気分でした。

そんな筈はない!
先輩は私が知る限りは真面目で、たくましく、頭もいい。
いくらAが魅力的だからって、そんな暴挙に及ぶなんて有り得ない。
私は聞かなかったことにして、彼女の話をやり過ごしました。

結局、先輩は私のような平凡な女子ではなく、彼女のように華のある人が似合うと思い、気持ちを打ち明ける事無くそのまま卒業しました。

同窓会で10数年振りにAさんと会った時、相変わらず周りは取り巻きが出来、チヤホヤされていました。
Aは未だ独身で結婚の予定はないと言っていましたが、その言葉が信じられません。
可愛いワンピース姿で、ニコニコと愛想を振りまく彼女に何となく嫌悪感を抱いた私は、久しぶりの再会でしたが距離を置いて交流を避けました。

「もう死にたい。」
ある晩、Aさんからメールが来ました。
正直面倒だと思いました。それでも1時間ほど付き合って励まし、区切りをつけました。

Aさんとは高校時代から特にプライベートで会う事も無く、年に1度か2度のメールだけが接点でした。
私には他にも親しい友人が居ましたし、Aさんだって人気者ですから私より数倍もの友人がいるはず。
友達という意識も無かった。

それから数日経っての、今回の訃報です。

え?死にたいって本気だったの?
私は幼馴染だと名乗る方の電話に当惑しました。

「私は嫌な女で、誰も好きになれない。
あっちからは言い寄られてばかりで、もう疲れた。いつも同じ。
好きになれないどころか、優しくされると気持ちが悪い。
ただ用事がある時だけ会ってくれる人っていないのかな。」

確かAさんは、亡くなる前にこんな内容の話をしていました。

程なくして、私はAさんの墓参りへ行きました。
知らない仲では無い訳ですし、せめてさよならだけは伝えようと思ったのが理由でしたが、それよりも気になる出来事がありました。

墓参りの3日くらい前、母親から電話がありました。
Aさんの父親から突然道で話しかけられたと言うのです。
「娘がお宅のお子さんに大変お世話になりました。最後の晩にも会いたいと言っていました。」
そう言われたのだそうです。

ですがおかしな話で、母親はAさんの名前くらいは聞いた事があるが、父親には会った事も無く、道端で話し掛けられるような関係ではありませんでした。
この時も後に、声をかけてきた人が誰なのか、母親が周りの人に聞いて判明したくらいです。
「あなたと仲が良いと聞いたから一応知らせたけど。」
と、母親もどこか腑に落ちない様子です。

Aさんの実家に連絡をとり、お墓の場所を聞いて向かいました。
もう少しで着くかなと思った瞬間でした。
急に心臓の鼓動が激しくなり、脂汗が流れました。
大袈裟ではなく息も出来ません。

私は道路脇にへたり込み、空を仰ぎながら頭の中で呟きました。
「会いたくない気分なの?なら帰るから、イタズラしないでよ。」
しばらくするとなんとか呼吸が落ち着きました。
私は来た道を戻り、離れるごとに体が楽になったことで確信しました。

私はAさんにとって、丁度良い存在なのだと。
会いたい時だけ会えれば良い、そのタイミングもAさん次第なのです。

墓参りに行った晩、私の実家にAさんの父親から、墓参りのお礼の電話があったそうです。
「彼女がすごく喜んでいたと、お伝え下さい。」
父親はそう言っていたそうです。

何か普通ではないものを感じました。
Aさんとは離れなければ。親友ではないし、一方的な思い込みだと伝えたい。
ですが、死んでしまった彼女に話をすることもできません。

迷った挙句、私はAさんのメールアドレスに連絡をしました。
「もう私に連絡しないで。用があれば、こちらから知らせる。呼ばれても行けない。」
すると返信がありました。
「ご迷惑をお掛けしました。」

後に、私の周りの男性は全て、1度はAさんに思いを告白したことがあると知りました。
女だけの集まりでも、昔話となると必ずAさんが話題になります。
人に好かれる事が当たり前のAさんに、私だけは何の興味も持たず、むしろ疎ましさすらありました。
そういった意味では、Aさんにとって私は特別だったのかもしれません。

前の話幽霊のイラスト

スポンサーリンク

TOP