恐怖の泉

学校の怖い話「机の墓場」

私が通っていた学校には「机の墓場」と呼ばれる教室がありました。
机の墓場とは、使っていない机が置かれている場所であり、実際に机がたくさん積み上げられています。
一件するとただの物置部屋なのですが、そこにはある噂がありました。

机の墓場からは、時々物音が聞こえるのです。
そこには誰も居ないのに、何かの音だけがするというのです。

1階にありましたので、2階からの物音なのかなと考えた人もいます。
しかし机の墓場の真上は図書室で、バタバタと人が動き回るような場所ではありません。
授業中で誰も図書室に居ないはずの時間帯でも、机の墓場から物音がしたという話もあります。

スポンサーリンク

とある生徒は、机に不具合が出たために交換する事になりました。
先生の許可を得て、机の墓場で良い机を探していたのだそうです。
するとどこからか

「コトン」「カタン」「パタン」
と、様々な音が聞こえてきたのだとか。

振動か何かで机や扉が動いたのかなと考えたくなりますが、その可能性は低いようです。
ガタガタという音なら有り得るかもしれませんが、パタンやコトンなど、音の性質がそもそも違ったと言います。
その生徒は恐怖で机を取りに来たことを諦め、慌てて自分のクラスに戻ったそうです。

机の墓場は掃除が出来るような状態ではない上、滅多に人の出入りの無いため、そもそも汚れる事がほとんどありません。
そのため机の墓場は掃除をしなくて大丈夫なのですが、前の廊下は掃除の必要があります。

廊下掃除をしていた生徒の話によると、掃除をしていたら机の墓場からカタカタと音がしたそうです。
地震かと思ったが揺れは無く、中を覗き見ても誰も入っていません。
風か何かで物が動いたのかなと考えたそうですが、教室の窓は開いていませんでした。これは生徒皆で確認しています。
恐怖を感じた掃除当番達は騒ぎ出し、ちょっとした事件に発展した事もありました。

更には、この学校には長年勤めている用務員さんがいました。
用務員さん自身も学校の卒業生で、子供の頃通っていたそうです。
その用務員さんの話によると、用務員さんが学校に通っていた時から既に机の墓場は存在し、同じ異変が起きるという噂があったというから驚きです。

真実の程は定かではありませんが、机の墓場があった場所には元々、小さな池があったのだといいます。
学校を建てる際に埋め立てられましたが、なかなかの深さがあり、過去には小さな女の子が溺れて亡くなった事故もあったのだとか。
机の墓場で発生する不思議な音は、池で亡くなった幽霊の仕業だと、用務員さんは信じていました。

そこにあった事実や、自分の存在を知って欲しかったのか。それとも皆と遊びたくて、興味を引くために音を出しているのか。
いずれにせよ、怖くて近づけないけど、どうしても気になってしまう。
机の墓場は、子供の私達にとってそんな不思議な場所でした。

前の話幽霊のイラスト

スポンサーリンク

TOP