恐怖の泉

実話系・怖い話「耳塚」

私の実家の裏山には「耳塚」というものがあった。
それが一体何物で、どうしてそこにあるのかなど由来は一切分からないのだけれど、年に1度は近くの神社から神主さんが来てお祓いをしていた。

困ったことや無くし物をした時、耳塚へお願いすると誰かの口を借りて知らせてくれる、という言い伝えがあった。
実際、近所の人がたまに立ち寄っているのを見た事がある。

スポンサーリンク

私も最近、お世話になった。
車のダッシュボードに会社の鍵を置いていたはずが、紛失してしまった。
気づいてすぐ戻ったものの、既に鍵は無し。
車には鍵をかけず、ほんの1分たらずしか離れていないその瞬間に消えた。
どこを探しても見つからず、しかもマスターキーだったため会社からはしこたま怒られ、やむなく盗難届を出した。
鍵が見つからない場合は、会社のドアごと交換になってしまう。

私はあっと思って、耳塚へお参りをしてみた。
こんな時の耳塚である。神様でも仏様でもすがりたくなった。
別に信じていた訳ではないけれど、私の責任で弁償となったらかなりの痛手になる。
あの頑丈そうなドアをまるごと替えるなら、幾らになるのか…。
考えただけでも恐ろしい。

数日後、社長室へ呼ばれた。
「大変だったね。」
部屋に入ると、社長は怒っている風でもなく、椅子を勧められた。
「何と説明したらよいのやら。途方に暮れている。鍵が出てきたんだ。つまり私のせいって事にはなるんだが…。」
社長は声を潜めながら話を続けた。

「夢に狐が出てきて、何やら話をしていたんだ。何を話しているのか、聴き取れなくてね。何日も同じ夢をみて、ついに話し声が聞こえたんだ。
『鍵は引き出しだと皆が噂している』
そう言っていた。あの狐は恐らく、社の屋上にある祠の狐だ。先代が祀っていたんだ。」
「はぁ…狐ですか。」
話はそれだけだったが、とりあえず無事に鍵は発見された。

耳塚には何が祀られているのか分からない。
管轄は隣町の神社という事になっている。

母も無くし物をした時、耳塚へお願いをした。
するとテレビで、無くし物がこんな所から、という話題を放送していた。
まさかと思って家でその場所を探してみると、見つかったのだ。

困った時には有益な耳塚だが、私はどこか薄気味悪い感じがして、二度と使わないと心に決めている。

前の話幽霊のイラスト次の話

スポンサーリンク

TOP