恐怖の泉

都市伝説の怖い話「ベッドの下に…」

マンションで一人暮らしをしているA子の部屋に、友人のBが泊まりで遊びにきていました。
楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、気づけば真夜中。明日も朝が早い2人は、もう寝ることになりました。

じゃぁどうやって寝ようか?という事になったのですが、その部屋はシングルのベッドが一つしかありません。
仕方なくA子がベッドで、Bは床に布団を敷いて寝ることになりました。

「じゃおやすみ~」

スポンサーリンク

A子が部屋の電気を消そうとした時、Bが突然
「あ~ちょっとコンビニ行きたくなっちゃった!ね~一緒に行こうよ?」
と言い出します。

眠気で面倒なA子は
「私はいいから、一人で行ってきてよ~」
と断るのですが、Bは絶対に2人で!今すぐ行こう!と言ってききません。

根負けしたA子は、渋々Bと部屋を出てコンビニへと向かうのですが、どうもBの様子がおかしい。
顔は真っ青で汗をかき、逃げるようにコンビニへ向かおうとするのです。

「ちょっと~B、どうしたのよ~?」
Aが問うと、Bは答えました。

「A子が電気を消そうとした時にベッドの下を見たら、そこに包丁を持った男の人がいるのが見えた…。」

ベッドの下には包丁を持った男の姿が。


都市伝説としては有名な話ですが、ベースとなる事件があって…という話ではないようです。
ルーツはアメリカだと言われていますが、日本でも古くからこういった類の話は存在しており、日常生活で「もしここに人がいたら…」という恐怖が一人歩きした都市伝説だと言えるでしょう。
話のバリエーションも多数あり、定番とも言えるネタですね。

幽霊のイラスト次の話

スポンサーリンク

TOP