恐怖の泉

人間の怖い話「紹介されました」

これは私の体験談なのですが…
ある時、友人から困った事があると相談をされました。

その友人とは今まで特筆するほど接点が無かったのですが、1年ほど前に共通の知人に誘われて食事を共にしてから意気投合し、休日になると一緒に遊びへ行ったりする仲になりました。
どうやら友人は女性に付きまとわれているそうで、どんどんエスカレートしていくので困っているらしいのです。

友人が女性と知り合ったきっかけは合コンで、良い感じになって連絡先を交換したとのことでした。
しかしそれからしつこくメールで交際を迫られ、嫌気がさして拒否するようにしたのですが、今では外出先や自宅前に現れるというのです。
友人は女性にかなり怯えている様子でした。

困っているのであれば可哀想ですし、どうにか助けてあげたいという気持ちがあった私は、あまり深く考えずに
「俺が仲裁するから、3人で話し合おう。」
と提案しました。
「ありがとう助かるよ。」
友人も提案に応じたので、女性を呼び出して3人で話し合いをしました。

スポンサーリンク

その時、初めてその女性と会ったのですが、見た目は黒髪ロングヘアーの清楚系な印象です。
なかなか美人さんだったので、第一印象ではとてもストーカーをやるようには見えません。
ただ話をしてみるとすぐ、普通じゃないと感じました。

私と友人がどれだけ丁寧に説得をしても
「私は何も悪いことはしてない。」
「あなたも私を好きなはず!」
と言って、話が全く通じません。

それでも粘り強く、最後にはやや怒り気味に説得を続けると
「わかりました。」
と女性も言ってくれました。

これで友人からも感謝されて、丸く収まったな…と、思っていました。

ある日、私の携帯へ知らない所からメールが来ました。
内容は
「これからよろしくお願いします。」
とあり、写真が添付されています。

新手の迷惑メールかなと思って、好奇心からとりあえず写真を確認してみると…
そこには何故か、友人をストーカーしていたあの女性が写っていたのです。

全く意味が分かりませんでした。

なぜあのストーカー女が私のメールを知っている?
最初は友人のイタズラかと思い、彼に連絡をとったのですが…どういう訳か音信不通です。
友人と連絡が取れない間も、ストーカー女からはしつこくメールが届きます。
いい加減に頭にきた私は、返信してみることにしました。

「あなたは誰ですか?」
「以前にお会いした、○○(ストーカー女の名前)です。」
「何で俺の連絡先を知ってるんですか?」
「▲▲(友人の名前)さんから紹介されました。」

そんなまさか、と思いました。
もしメールの主が本当に彼女だとすると、私のメールアドレスを友人が漏らしたことになります。
それは流石に信じられないと思い、すぐに知人が住むマンションへ向かいました。

マンションへ到着して何度もインターホンを鳴らしましたが、友人は出てきません。
一応隣の部屋の住人に尋ねてみると、その部屋の人は引越しましたよ、と言われました。

本当に何が何だか分からず頭が混乱します。
それでもストーカー女からのメールは来続け、どんどんエスカレートしていきました。

彼女は私に交際を求め、一方的に情熱的な長文を送ってきます。
ですが内容は支離滅裂で、読むと心がざわつきました。
合コンで知り合った友人ならいざ知らず、私なんてほんの少し会っただけの関係です。
それなのにここまでグイグイ来られると、恐怖しかありません。
耐えられなくなった私は、彼女の連絡先を着信拒否にしました。

すると事態はさらに悪化します。
仕事から帰宅してみると、私のアパートの前で急に声をかけられました。
振り返ると、そこには驚くことにストーカー女がいました。

「何で俺の家を知ってるんだ!」
思わず大声をあげると、彼女は
「仕事場は知っていました。だから仕事場から後をつけてきたんです。」
と言い、満面の笑みを浮かべました。

恐怖のあまり、急いで部屋へ入り鍵を閉めます。
彼女のストーカー対象は、確実に私となっていました。

ストーカー女は執拗に付きまとい、私はどんどん精神的に追い詰められていきました。
家へ訪れる時間も破茶滅茶で、生活リズムが崩壊した私は仕事を辞め、夜逃げ同然の引越しを決行しました。
幸いにも引越したことで難を逃れた私は、現在に至るまで彼女とは一度も会っていません。

平和な日常を取り戻したある日、いなくなったあの友人から連絡が来ました。
ようやく連絡が取れた私は、今まであった出来事を全てぶちまけました。
すると友人は平謝りをして、事の顛末を話始めました。

3人で話し合いをした後も、彼女のストーカー行為は全く改善しなかったのです。
追い詰められた友人は、思わず
「他の人の所へ行ってくれ!」
と漏らした所、ストーカー女から
「それなら誰かを紹介して。」
と言われ、私の情報を与えたそうです。

その話を聞いて激怒した私は、友人との縁を切る事にしました。
自分だけ助かれば良い、そんな友人とはもう付き合う気がしません。
友人も自分が行った行為が悪かったと自覚があったようで、納得してくれました。

こうして全てが片付いた時、私はふと思い出しました。

ストーカー女に追い詰められた私は
「もういい加減止めてくれ!」
と彼女へ叫んだ時がありました。
すると彼女は言っていました。

「そんなに嫌なら、他の男紹介してよ。」
と。

もし誰かを紹介された際は、浮かれず慎重に行動されることをお勧めします。

前の話幽霊のイラスト

スポンサーリンク

TOP