恐怖の泉

子供向け怖い話「アメちゃんババァ」

俺が子供の頃、近所に「アメちゃんババァ」って言うのが居たんだよね。
幽霊とか妖怪ってわけじゃなくて、一応人間。
変人っていうか精神障害というか…まぁそんな感じのだ。

夏でも毛糸の帽子被って、よく近所の公園のベンチに1人で座ってぼんやりしてた。
で、小学校の低学年くらいかな。それくらいの小さい子が遊んでるとアメくれるんだよ。
「いい子だからアメあげようか」
って。

スポンサーリンク

実は俺も貰ったことがある。
俺が貰った時は、牛乳系の白いアメだったかな。
今考えると、よくそんな得体の知れない人間から貰ったアメ食えるなって感じだけど、まあ子供の頃だしね。
アメ自体も別にどうってことのない、よくそこらで売ってるような普通のアメだったよ。

そうやって子供にアメ配ってるから「アメちゃんババァ」。
当時は俺もババァ呼ばわりしてたけど、実際にはそんなに年でもなかったかもなぁ。もしかしたら40代くらいだったかもしれん。

噂では、アメちゃんババァも以前は普通の人だったらしい。
それがある時、自分の子供を病気で亡くしたショックでちょっとおかしくなった。
それ以来、町で自分の死んだ子供と背格好のよく似た子供を見つけては、アメを配るようになったんだとか。
…いや、本当かどうか知らんけど。

他にも貰ったアメを食べると家に連れ込まれて帰れなくなるとか、アメは子供の人肉だとか、時速六十キロで走るとか…
噂話だけなら割とメチャクチャなのも含めて沢山有ったな。

とにかく俺ら小学生はそう噂してたし、子供ながらに
「あぁ、この人はなんかおかしいんだな」
ということは分かるので、こちらからアメちゃんババァに近付くことはしなかった。
学校の先生からも、遠回しに「知らない人から物を貰わないように」「飴玉貰ったからってついていかないように」と注意もされてたしね。
ただ実際に子供がなにかされたって話は聞かなかった。

そのアメちゃんババァが、ある日死んだ。
他殺。
どうも、10代の学生っぽい連中に絡まれてリンチに遭ったらしい。
丁度親父狩りが流行り始めた時期だったから、多分その流れで変なババァやっちまえ、みたいなノリでやられたんだろう。

実は犯人について、地元の人間はみんな心当たりがあった。
普段からアメちゃんババァ小突いてる高校生グループが居たんだよね。
小学生にもオラついてガンつけてくるような最低な奴らで、子供はみんなそいつらのこと嫌ってたこともあり、もう完全に犯人だと決めつけてた。
証拠も何もないくせに「犯人絶対あいつ等だよ」「いつ捕まるかなぁ」なんて当たり前のように話してた。

で、アメちゃんババァが死んでから1週間後くらい。
その高校生グループの1人が事故で死んだらしい。バイクの自損事故だったとか。

こう言っちゃあ何だけど、俺ら子供内じゃものすごく盛り上がったね。
アメちゃんババァの祟りだ!呪いだ!
っつって、そりゃもう大騒ぎ。
「死んだ高校生のポケットにはアメがぎっしり詰まってた」
って話は、流石に嘘だと思うけど。

アメちゃんババァは割と小学生には人気があったし、多分言うほどおかしい人物でもなかったんだと今では思う。
だから子供達はみんなアメちゃんババァの味方だったし、グループの残りの人間がいつアメちゃんババァに「やられる」のか、みんな内心ワクワクしてた。

そして、続いて第二の事故が!
…と書けたら面白かったんだけど、事件はこれで終わり。

正確にはグループの残りのメンバーは、いつの間にかみんな町から消えていなくなってたんだよね。
いたたまれずに引っ越ししたのか、警察に捕まったのか。大人に聞いてもはっきりしないし、そうこうしている内にアメちゃんババァについてはタブーと言うか、もう終わった話、みたいになって話題に出すのが憚れる雰囲気になっていった。

俺も高校、大学と地元から離れた学校に進学したんで、「アメちゃんババァ」なんて超ローカルな話題を口にする機会も無し。
この前、地元の友達とプチ同窓会みたいなのを開いた時になって、10数年ぶりにこの話をしたくらい。

いやぁ、やっぱ盛り上がったよ。
特に一番盛り上がったのが、アメちゃんババァのアメを食べたことがあるの俺だけかと思ってたら、実は当時の友人連中はみんなアメ貰って食べていたのだった。
なんだよ、お前らみんな隠してたのかよ、みたいな。

ちなみに、俺らの行ってた小学校に今姪が通ってるって奴が言ってたけど…
「アメちゃんババァ」は最近、学校の七不思議の一つになって復活してるらしい。

多分今度こそ時速60キロで走ったりするんだろうなぁ…なんて勝手に想像しつつ、今でも子供達をちょっと変わった形で見守っているかと思うと、あまり悪い気はしない。

前の話幽霊のイラスト

スポンサーリンク

TOP