恐怖の泉

実話系・怖い話「おばちゃんの木」

これは私が、まだ小学生だった頃の話です。
父の仕事の都合で、私達家族は新しい土地へ引越しをすることになりました。

正直私は友達と離れるのが嫌で嫌でたまらなかったのですが、当時5歳の弟にとっては幼稚園の友達と別れるということはそれはもう大ショックだったようで、引越し前は友達と離れたくないと大泣き。
引越してからは口数も少なくなり、黙って家で1人遊ぶだけ。
新しい幼稚園にも行こうとしませんでした。

スポンサーリンク

そんな弟に対して、母は何とか気晴らしにならないかと弟と近所を散歩してみたり、買い物に連れて行ったりと付きっきりです。
私も母に協力して、お姉ちゃんとしてできるだけ弟の面倒を見るように心掛けていました。

そんな中、弟が唯一気に入ったのが近所の児童公園へ行くことでした。

そこは引越し先の家からも近い小さな公園です。
滑り台が一つある他はこれといった遊具もなく、後は枝ぶりの大きな木が何本か生えているだけ。
近所の子供達にも人気が無いようで、いつ行っても私達以外は誰もいません。

そんな寂しい公園でしたが、不思議と弟は気に入り、毎日のようにその公園で遊ぶようになりました。

一度私は、弟にその公園の何が気に入ったか聞いたことがあります。
「ねえ、この公園のどこがそんなに気に入ったの?」
「だっておばちゃんの木があるから。」
「なにそれ。おばちゃん?」
「おばちゃん子供居なくなったんだって。」
「ふーん?」

その時の私は、あまり弟の言葉を深くは考えませんでした。
ヒーローごっことか、ままごととか、何か子供特有のそういうごっこ遊びの一環なんだろうな、と思った程度です。

やがて引越しから1ヶ月2ヶ月と時が経ち、徐々に弟もまた笑顔を見せるようになりました。
新しい幼稚園にも行くようになり、母と私はほっと一安心。
この調子なら直ぐに元のように元気になる、と期待します。

ところがそんな矢先、弟が突然高熱を出して倒れました。
母が病院に連れていき、沢山薬をもらって注射までしたのに、弟の熱は全然引きませんでした。
母は付きっきりで弟の看病に当たり、私も出来る限り家事の協力をしました。

そうして弟が熱を出してから3日目の夕方。
母と弟、小学校から帰った私の3人が家にいる時、誰かが家のチャイムを鳴らしました。

父が帰ってくるにはまだ早い時間ですし、自宅に友達が遊びに来る予定もありません。
訝しみながら私が玄関のドアを開けると、そこに見知らぬ女が立っていました。
ブラウスに黒のスカートを履いてニコニコと笑っている、見覚えのない三十代くらいのおばさんです。

「どなたですか?」
私の問いかけに、女が答えました。
「お宅の男の子、具合が悪いんじゃないですか?私が預かってあげますよ。」
そう言うなり、その女は強引に家の中に上がってこようとします。

はっきり言って訳がわかりません。
それでも私は子供心に、この女を家に上げるのは不味い!と思い、体全体で必死に女をブロックしつつ、大声で母を呼びました。

「おかーさーんっ!何か知らないおばさんが家に入ってくる!!」
「さあ、お子さんはどこ?心配ないですよ~私が預かってあげますから~。」
「おかーさーん!おかーさーん!!」

女は私のブロックなどまるで一顧だにせず、それどころか目を合わせようとすらしません。
全力で私は女を押しましたが、女は逆にものすごい力で私を押し倒し、家へ上がろうとします。
その時でした。

廊下の奥からすごい勢いで飛び出してきた母が、駆け寄りながら女の顔面に向けて思いっきり平手打ちをかましたのです。

「誰よあんた!!?帰れ!帰れ!誰がお前なんかに預けるもんか!!二度とうちの子に近寄よんなっ!!」

普段から何事にも控えめなタイプの母が、あんなに怒っているのを見たのは後にも先にもこれっきりです。
母の剣幕に圧されたのか、女は叩かれた顔を押さえながら後ずさりをして、そのまま外へと逃げ出していきました。

その後、女がまた来るといったこともなく弟の病気も無事に快癒。
ただ一つ不思議だったのは、病気が治ってからはあんなに通っていた例の公園に、弟は全くと言っていいくらい行きたがらなくなったのです。
私も何となくですが、公園を避けて近づかないように過ごしていました。

それから大分後になってから、私に新しく出来た友人から教えて貰ったのですが…
例の公園は、実は近所では有名な心霊スポットだったそうです。

私達が引っ越してくる1年ほど前、息子を不慮の事故で亡くした母親が、公園の木に縄をかけて首吊り自殺をした事件があったそうです。
それ以来、女の幽霊を見たという噂が絶えず、近所の人間はこの公園を避けるようになったのだとか。
人が首を吊った木は縁起が悪いということで、公園の木は全て伐採されてしまったのですが、それは丁度弟が病気で倒れていた時でした。

あの時、家にやってきた女がその自殺した人の幽霊だったのかどうか、私にも母にもわかりません。
唯一つ確かなのは、母は強し、ということだけです。

前の話幽霊のイラスト次の話

スポンサーリンク

TOP