恐怖の泉

後味の良い怖い話「朝4時の夢」

これは、私が小学3年生の時の話です。

私は両親と弟、父方の祖母の5人で暮らしていました。近所には祖母の兄(叔父)が1人で住んでいました。
祖父は私が生まれる前に他界していたので、叔父さんを祖父のように慕っていました。
叔父さんも私の事を自分の孫のように凄く可愛がってくれていて、毎日の様に家へ遊びに来ては皆で食事をしたり、勉強を教えて貰ったりしていました。

ある日、叔父さんは体調を崩して入院する事となったのですが…。
それから私に不思議な出来事が起こりました。

スポンサーリンク

叔父が入院した翌日、私は朝に鈴の音色を聞いて、ハッっと思い目を開けると自宅の仏壇の前に立っていたのです。
その時は「何で私が仏壇の前に立っているのだろう…?」と、夢なのか寝ぼけているのか分からず不思議に思っていました。
すると突然、仏壇から触ってもいないのに鐘の鳴る音が「チーン、チーン、チーン」と聞こえてきました。
我に返り、急に怖くなって慌てて自分の部屋に行き、私は布団に潜り込みました。
時計をみると、明け方の4時を指していました。

それからというもの、毎朝「チーン、チーン、チーン」と仏壇の鐘が鳴る音がして、目を開けると仏壇の前に立っている夢をみるようになりました。
さらに夢の中で仏壇の前に立つ私の前へ光が現れる様になり、その光の中に誰かがユラユラと揺れて居るのです。
毎日同じ夢を見て、人影は次第にハッキリと見える様になってきました。
ですがそれは私が見た事もない女性で、心当たりもありません。
夢を見た後は必ず目が覚め、時計をみると朝の4時でした。

それから数ヶ月後、私が起きて1階に降りると祖母が
「叔父さんが急変して…。最後に○○ちゃん(私の名前です)に会いたい、って…。」
と泣きながら話をしてきて、叔父さんが亡くなったと分かりました。

叔父さんが入院してからは結局会うことが出来ず、そのまま旅立ってしまった事が悲しくて悲しくて仕方ありませんでした。
「お見舞いに行きたかった。お爺ちゃんに会いたかった。」と、私も涙を流しました。
叔父さんがこの世を去った時間は朝の4時だったそうで、私が夢をみていた時間と偶然なのか分かりませんが、一緒でした。

そして叔父さんのお通夜の時、私は両親達と叔父さんが安置されている場所に行った時に「あっ!」 と声を上げてしまいました。
叔父さんが横たわっている横の壁に、観音様の掛け軸が掛けてあったのですが、その掛け軸の観音様が私が夢の中で見た光の人影とそっくりだったのです。

家族は「どうしたの?」みたいな顔をしていましたが、私はこの観音様が、叔父さんの死を夢の中で私に教えてくれていたのかも知れないと思いました。

しばらく私達は叔父さんを囲みながら、泣いていました。
私は1人でも病院に行けば良かったと後悔し、心の中で「叔父さん、会いに行けなくてごめんね。」と何度も何度も謝っていました。

するとそのうち、両親や祖母や叔父さんのお友達がザワつき始めました。
何だろうと思っていると、壁にある観音様の掛け軸を指差して驚きの声を上げています。
信じられない話なのですが、なんと観音様の目から涙?が流れ出ていたのです。

今でもこの現象は謎のままなのですが、私は子供ながらに
「きっと、叔父さんが私の心の声を天国から聞いていたのかな?」
と感じ、今でもそう思っています。

叔父さんが亡くなってからは、仏壇の前に立つ夢をみる事は無くなりました。
その代わり、毎日仏壇に手を合わせて「叔父さん、行ってきます。」と心で話ながら出掛けるのが、私の日課となっています。

前の話幽霊のイラスト

スポンサーリンク

TOP