恐怖の泉

後味の良い怖い話「金縛りから救ってくれたもの」

これは私が小学生の時の話です。

当時、私は霊感が強くて霊的な現象を多く体験していました。
霊が見えるのはもちろんですが、霊の声を聞いたこともあります。しかしそんなことを言っても誰も信じてくれないのはわかっていたので、あえて誰にも相談しませんでした。

そんなある夜のことです。
布団の中で寝ていると背中に痛さを感じて目が覚めました。
例えるなら、何本もの杭の上で寝ているような感じです。

スポンサーリンク

一体何だろうと思い確かめようとしますが、体がぴくりとも動かせません。
金縛りにあっていました。

金縛りはよくあることなので気にせず寝てしまうのですが、その夜はいつもと違っていました。
額から汗が浮き出る程の恐怖を感じ、マズい何となしなければ…という気持ちに駆り立てられました。
ですが必死で手を動かそうとするも、動きません。
隣の部屋ではまだ祖母が起きているようで、明かりが漏れていましたが、声を出すこともできません。

(助けて、おばあちゃん!)

とにかく心の中で叫び、手を動かそうともがいているとなんとか指先が動きました。
その指を使ってなんとか起き上がれないかと思いましたが、それは不可能だとすぐに悟りました。
なぜなら私の指の先に布団ありません。

信じられないことに、私の体は宙に浮いていました。
いつの間にかすぐ目の前に天井があります。

体が芯から冷えるのを感じました。恐怖心はピークに達していて、子供心に死を意識しました。
私の周りからはざわざわと声が聞こえていました。何を言っているのかはわかりませんでしたが、とても暗い嫌な声だということはわかりました。

その間も私の背中にある杭のようなものは増えていき、何かが私の顔に触れ、髪に触れ、やがて首を掴んで締めあげました。
(苦しい、死んじゃう)
でも、隣の部屋の祖母は気づいてくれません。
そのうちに背中の下の杭のようなものが動き、私の体の方向を少しづつ変えていきました。

夢であってほしいと願いましたが、視点が変わるにつれて今起こっているのは現実だと思い知らされました。
ゆっくりと体の向きが変わり、ようやく体の動きが止まります。
周りの部屋の様子から、最初の位置から正反対に向けられたことがわかりました。

私の部屋にはピアノやタンスが置かれていましたが、ひとつだけ何も障害物のない壁があります。
その壁に、足を向ける形になりました。
そして私の体は壁の方へ向かって、ゆっくり、ゆっくりと動き出しました。

より一層、耳元の声がざわつきます。不気味な笑い声も聞こえました。
(私を壁の中に引きずり込むつもりなんだ)
私は必死で体を動かして逃げようとするも、やはり指以外は動きません。
(おばあちゃん、おばあちゃん、助けて)
声は出ることなく、とうとう足の先が壁に当たってしまいました。
もう駄目だ、そう思った時でした。

「ウゥ~、ワンッ!」

突然、犬の鳴き声がすごく大きな音で聞こえました。
敵を威嚇する時の鋭い鳴き声です。

その声が聞こえた瞬間に私の体は布団へ叩きつけられました。
さっきまでまったく動かなかった体が動かせるようになり、咄嗟に壁の方を見ると何本もの手がいっせいに壁に中へ消えていきました。
背中に感じていた杭のようなものは、霊の手だったのです。

私が落ちた時の音で祖母が気づき、ようやく部屋に来てくれました。
「何やってたの、夜中に大きな音立てて。」
祖母は呆れたように言いましたが、私は呆然として声も出ませんでした。

あの犬の鳴き声は記憶にありました。
それは私がまだ幼ない頃に亡くなった、飼い犬の鳴き声に似ていました。

私の霊感は次第に薄れ、今ではありません。
あの時、私を守ってくれた飼い犬の鳴き声には今も感謝しています。

前の話幽霊のイラスト

スポンサーリンク

TOP