恐怖の泉

後味の良い怖い話「産まれる前に来た子供」

私は30歳を迎えた歳に結婚しましたが、2年くらいは新婚カップルを味わいながら、楽しく生活をしていました。
その時は夫婦共働きだったため、自分の休みが火曜日、妻は土・日曜日と、あまり休みを一緒にとれることはありませんでした。

ある日、自分の休みを1人で過ごしていた時の事です。
パソコンでネットサーフィンをしていると、視界に入ったドアの隙間から「シュッ」っと光が通るのが見えました。
何事かと思い慌てて光の通った部屋を覗きましたが、何もありませんでした。

その時住んでいたのはマンションの5階です。
周辺の建物からの反射が差し込んだのかと思いましたが、ドアの隙間だけに光が通り抜けたのが見えたので違うかなと思います。
光が通った部屋の窓の外は、すぐ隣のマンションの壁なので光が反射してくるはずもありません。
その時はまぁ気のせいか、と思うようにしました。

スポンサーリンク

光を見たその月、待望の第1子を妊娠したことが発覚しました。
産まれてみるととにかく元気がよすぎる男の子で、親の声も聞かずに自分の足でどこでも行ってしまうようなやんちゃっぷりです。
夫婦で手を焼いていたのを覚えています。

その後子育てに追われながらも手狭になった家から引っ越して、交通量も少なく静かで、前より広めのマンションに引っ越しました。
相変わらずやんちゃな子を育てるのにはちょうど良い環境で、気に入って住んでいました。

少し生活も落ち着いたころ。
夜にゆっくり出来る時間が増えたので、深夜にネットサーフィンをしていました。
すると、右の視界にボンヤリ映る光を見ました。
慌てて目をやると、光はすぐに消えてしまいました。

パソコンの右側には曇りガラスがあり、外側には照明など置いていない部屋です。
ぼんやりした光で、誰かが照らした感じでもありませんでした。
また見た…と思ったものの、害はないと思いあまり気にしませんでした。

そして光を見てからしばらくすると、第2子の妊娠が分かりました。
第1子と同じような感じだと手がつけられなくて困るな…と思いましたが、穏やかな男の子が産まれてきてくれました。

子供が妊娠する前に、2回も謎の光を見た。
これは何か関係があるのではないか?と思った私は、ある人に話を聞いてみました。

私はサービス業をしているため、色々なお客様と交流する機会があります。
そのお客様の中の1人に、霊感がとても強い方がいらっしゃいました。
その方が言うには

「子供は、産まれる前に産まれてくる家の様子を見にくるんですよ。
このお父さんだったらどうか?このお母さんだったらどうか?この家だったらやっていけるか?など、選んでやってくるんですよ。
だから、好きで産まれてきたわけじゃない!と言う子供がいますけど、そんなことはなくてちゃんと家を選んで産まれてくるんですよ。
おそらく、あなたの見た光は産まれる前のお子さん達が様子を見に来たんです。」

という事でした。

全く霊感など無い自分には実感がありませんでしたが、そう言われれば光の動きの感じが、その子の性格を表しているかな?と後から感じました。

1人目の子の時は、やんちゃで活発なためシュッとした動きの速い光。
2人目の子は穏やかなため、ボンヤリした光。
思い返してみると、2人の性格がそのまま出たような感じがして笑ってしまいました。

産まれる前の子供が親元を見に来るという体験は結構多くあるようで、本当にあるのかもしれないと私は思っています。
子供達が少し大きくなってから、試しに
「お腹にいた時の様子はどうだった?」
と聞いてみましたが、上の子は憶えている様子はありませんでしたが、下の子は
「お兄ちゃんが面白そうにしてたから、ここに来たいと思った。」
と答え、不思議な感じがしました。
確かに今でも兄弟仲良く、楽しそうに遊んでます。

親が望んで子供を作るのではなく、子供の方から選ばれてると解釈すると、何か不思議な縁と言うか家族の絆の強さを実感した、そんな体験でした。

前の話幽霊のイラスト

スポンサーリンク

TOP