恐怖の泉

都市伝説の怖い話「隙間女」

とある大学に通っていたYが突然学校に来なくなり、連絡しても音信不通となってしまった。
仲良くつるんでいたEとOは、心配になってYのアパートを訪れた。

ピンポーン
E「おーいY、生きてるか~?」

返事はない。鍵もかかっているようだ。

E「なんだ留守か。」
O「もしかして単位落としそうだから、諦めて実家に帰ったんじゃねw」

そんな話をして帰ろうとすると、Yの部屋の玄関が開いた。

E「お、Y!いたのかよ!返事くらいしろよな!」
Y「…あぁ、ゴメン…。」

スポンサーリンク

Yは根っから明るくて、正直言うとバカなヤツだ。しかし今は見るからに元気がなく、痩せて見えた。

O「なんだ具合でも悪いのか?助けてやっからSOSくらい出せよな~。」
Y「いや、別に体調は大丈夫だよ…。」
E「ってかちゃんと飯食ってる?」
O「お前はYの母ちゃんかw」
Y「…。」
O「あ!わかった!お前Mちゃんに振られたんだろ?」
Y「いや、そういうんじゃないけど…。」
E「ま~何があったのか、部屋入って話そうぜ!入った入った!」
O「いやここ、Yの家だからw」

いつものノリでズカズカと部屋に押し入る。
Yの部屋はいつも以上に散らかって、カーテンも閉め切ったままだった。

E「昼間はカーテンくらい開けろよな。」
O「さすが母ちゃんw」

するとYは

Y「いや、カーテン開けるなって言われてるし…。」
E「え?誰に?」
O「何?!もしかして女か?」
Y「あぁ…まぁ…。」
EとO「マジか?!」

しかしYの部屋は1部屋しかなく、どこをどう見ても3人以外の人は見当たらない。

O「え~と、女は帰ったのかな?」
Y「いるんだ。そこに。」

そう言ってYは、壁を指した。

E「おいY、お前大丈夫か?」
Y「いや…いるんだ。」

EとOは顔を見合わせた。
いるって言っても、そこには漫画がギッシリ詰まった本棚と衣装タンスしかない。

E「…どういうこと?」
Y「そこ…そこの隙間に…。」

どうやらYは本棚とタンスの隙間を言っているようだ。
EとOは恐る恐る、その隙間を覗いてみた。

およそ5cmほどの隙間には、有り得ないことに女性が立ってこっちを見ていた。


そんな所に人がいるわけない。でももし居たとしたら…。
そんな恐怖への想像力が、この都市伝説を作ったのかもしれません。
「隙間女」は、江戸時代に書かれた随筆「耳嚢」にも似たような話が存在しています。
昔の人が怖いと思っていた話が、現代でもこうして都市伝説という形で語り継がれているのは面白いですね。
ちなみに同じような内容で男版の「隙間男」という話もあります。

前の話幽霊のイラスト次の話

スポンサーリンク

TOP