恐怖の泉

人間の怖い話「妻の不倫話」

ここで私の身の上話をするのも恐縮ですが、ひとつ聞いて下さい。
私は離婚をして、バツイチとなった身の者です。
理由は妻の不倫でした。

私と妻は学生の頃から付き合っていました。そして社会人となってから子供が出来ての結婚、いわゆるできちゃった婚というわけです。
新婚の頃はまだ新米社会人で収入も少なく、私はひたすらに働きました。あの頃は大変な日々ではありましたが、かわいい我が子と「おかえり」を言ってくれる優しい妻の笑顔のお蔭で、とても幸せでした。
今思えば、その頃が私の幸せのピークだったのかもしれません。

長い年月が過ぎ、同じ日々の繰り返しで嫌になることもありましたが、私は順調に出世をして生活にも余裕が出てきました。
2人できた子供も大きくなり時間的な余裕もあったためか、専業主婦だった妻は
「専門学校に通いたい。そして自分も働きたい。」
と願い出てきました。
私は大賛成し、妻の事を応援するべくさらに頑張らねばと思いましたし、妻もやる気に満ちた表情で決意を語っておりました。

スポンサーリンク

それからというもの、妻は学んでスキルを得る喜びを実感していたのか、とても熱心に勉強に励んでいました。
妻の
「学校ってこんなに楽しいんだね!」
というイキイキした表情がとても印象的でした。
それを見て、私もとても嬉しかったのです。

しかし、次第に様子がおかしくなっていきました。

妻は夜遅くまで学校に居残ることが多くなり、食事や子供の面倒は私がみることが増えていきました。

妻は帰ってきても
「これから友達と勉強会をする。」
と言って出かけていったり、週末ともなると飲み会でいなくなることもありました。

今思えば、私もそこで疑いの心を持つべきだったのかもしれません。
しかし、てっきり私は妻が本当に頑張って勉強しているのだと、都合よく解釈してしまってたのです。

そんな生活が続いて、当然ながら夫婦仲は悪化していきました。
もはや妻は、家庭の事は一切やってはくれませんでした。
私が家に帰ると、子供達が
「お腹減ったぁ~。」
と言うのが、ただいまの代わりになっていました。
私が食事の用意をしてましたが、毎日定時で会社から帰宅というわけにもいかず、残業の時はかわいそうな思いをさせました。
たまに力尽きて、キッチンで料理中に寝てしまい、布団をかけられていたこともあります(笑)

実家に協力してもらえば?と友人から言われたこともありましたが、そんなことをしたら妻の行動を突っ込まれるのは目に見えていました。
まだ、妻のことを信じていたのです。

しかし異変が起こります。
子供が、知らない男性の名前をよく口にするようになったのです。

私はここにきて、初めて妻を疑いの目で見るようになりました。しかしそれは、あまりにも遅すぎたのです。
妻にその男が誰か問いてみると、彼女はあっさりと答えました。

「それは私が付き合っている人だよ。彼のことが好きなの。もうあなたのことは好きじゃないから、離婚しましょう。」

いやいや、待て待て。
なんだこの急展開は。

パニックになって冷静に話し合おうとする私とは真逆に、妻は
「もう絶対ムリ!」
と露骨な嫌悪感で相手にもしてくれません。

さらに衝撃的だったのは、妻のお腹が日に日に大きくなっていったことです。
妊娠していました。
私とはもう何年もセックスレスだったので、他の誰かの子供なのでしょう。
しかし妻は、いろんな人とヤッていたからもう誰の子かわからないと言っていました。

とんでもないヤリマンでした。
相手を特定した方法は詳しくは知りませんが、父親と思われる男性も既婚子持ち。どこだかの会社社長とか聞きましたが、かなり泥沼な関係となっていたのです。

学校が楽しいって、男遊びが楽しかったのか。
勉強と称して、男と会ってヤッていたのか。
私は必死になって、妻の何を応援していたのだろうか…。

あまりにもショックでした。
もう私には離婚を決意する意外、選択肢はありませんでした。

離婚はあっさりとしたものでした。紙きれ一枚に名前を書いて、ハンコを押すだけです。
妻は子供を連れて、家を去っていきました。

法律に詳しい人によると、私は妻と不倫相手の男性から慰謝料を貰える立場にあるそうです。
ですが私は逆に、妻へ子供の教育費を払い続けています。

お金を貰ったところで、不幸になるのは子供です。
私はお金が欲しいわけではありません。
子供に辛い思いはさせたくありませんでした。
そして何より、私にはもう裁判やらを行う気力はありませんでしたし、妻の顔も不倫相手の顔も見たくはありませんでした。

多分ですが、妻や不倫男と出会ったら殺してしまうかもしれません。
いや、冗談ですけどね。

今でも思うのは、家族一緒で幸せに過ごしていた頃の思い出です。
あ、妻なしで子供たちと過ごしていた時も、大変ではありましたが良い思い出ですね。
ですがその記憶も、次第にボヤけてきてしまいました。
子供の事は心配でなりません。ちゃんとご飯食べれてるのかな?元気で過ごしているのかな?
私が引き取れば良かったかなと、後悔しています。

世の中、不倫だの浮気だのが横行していますが、皆地獄に落ちればよいと私は心から思っています。

そういうことをしたいなら、周りを巻き込まないで下さい。
結婚とか、幸せな家庭を作りたいとか、思わないで下さい。

ちょっと過激な表現になってしまったかもしれませんが、これが不倫された私の率直な思いです。

前の話幽霊のイラスト次の話

スポンサーリンク

TOP