恐怖の泉

実話系・怖い話「僕の心霊体験談」

僕は現在建築関係の仕事をしています。
その中でもシステムバスの施工職人をしていて、大体1日で作業を終了しないといけないため、夜遅くまで仕事をすることが多々あります。
これは僕が新人の時の話で、田舎にある一軒家のお風呂を作っていたときの話です。

いつものように仕事をしていましたが、時間がかかり夜の12時まで作業をしていました。
普段なら夜の8時を過ぎると周りの住人の迷惑になるため、作業打ち切りで次の日に続きをやることになります。ですがそこは田舎で山のほうの遠い場所にあるし、この日に終わらせると次の日が休みになることもあり、管理会社に連絡を取り作業を続けることにしました。

10時ごろになると、僕の相方の先輩が家の用事があるため帰りたい、と言い始めました。
僕は新人ですがある程度の仕事はできるようになっていました。いつもなら作業が終われば先輩と一緒に帰っていましたが、今日は別々で帰ることになり僕は居残りで仕事をしていました。

スポンサーリンク

先輩が帰ってから1時間程で作業も一段落し、最後の仕上げにお風呂の鏡を取付けて完成です。
やっと終わった~と思って鏡に写った窓の外の風景をふと見た時…女の人が立っているのが見えました。

こんな山奥で、しかも時間は深夜。周りには住居もありません。
単なる見間違いだと思い込むようにし、怖くなった僕は急いで後片付けをし始めました。
まずは窓を閉め、なるべく鏡は見ないように仕事を済ませます。そして最後の確認をした時…窓ガラスに女の人のシルエットが見えていました。

さっきよりも近づいている!!

半ばパニックになりながら、逃げるように風呂をすぐ出て車に乗り込んで発進しました。

帰り道で冷静に考えながら、あの人は一体誰なのだろうと考えると本当に怖くなってきました。
そして最悪なことに気付きました。

僕の会社では仕事が終了すると、お風呂の保証書を風呂の湯船の底に置いていかないといけないのですが、それをすっかり忘れてしまっていました。
せっかくこんなに遅くまで作業したし、休みの明日にまた来るのも面倒です。悩んだ挙句、怖いけど戻って置いていくことにしました。

到着したら車のトランクから書類を取り出し、さっきの物件の鍵を開けて周りを見ないように一目散に風呂の扉を開け、湯船の中に書類を置こうとした時、僕の携帯が鳴りました。
「うわっ!」
あまりにビックリして痛いほど心臓は脈打ち、変な汗も吹き出してきます。
着信は地元の友達で、心霊体験が豊富で占いもやっている人からでした。
さっきのこともあって、丁度話をしたい人からだったのですぐに電話を取りました。

「お前今○○にいるだろ?そこ本当にやばいからすぐに戻ってこい。」

電話で開口一番にそんなこを言われたので、僕は猛ダッシュして車に戻りエンジンをかけようとしましたが…なかなかかかりません。
これはいよいよやばいなと感じたときエンジンがかかり、ヘッドライトを照らすとすぐ車の目の前にワンピースを着た、かなり身長の大きな女が立っていました。
アクセル全開でバックして車を出し、夢中で地元に帰りました。

後日、先輩にこんなことがありましたと話をしました。すると先輩は真っ青になりながら
「やっぱりか。実はな…」
と続けました。

聞いてみると、先輩もそのあたりの山のふもとの別の物件で作業していた時、同じように女の顔が鏡に映ることがよくあったらしく、夜遅くまでの作業は絶対にしたくないと思っていたみたいです(ちなみに僕と行った日は本当に用事があったようです)。
電話を掛けてくれた友達の話では、大昔そのあたりの集落で一家心中した家があったらしいです。
その家族の霊魂が固まったものが、僕の目の前に現れたのだそうです。

これまでは全く幽霊を信じなかったし、テレビ番組で取り上げられているのもどうせ嘘だろうと思いながら見ていました。
ですが自分で体験をした後は、幽霊の話も信じるようになりました。
もう二度と怖い体験はしたくないと思います。

車のヘッドライトを照らすと、目の前に女の姿が。

前の話幽霊のイラスト次の話

スポンサーリンク

TOP