恐怖の泉

2chの怖い話「雑居ビルの怪」

今からもう14年くらい前の中学2年の時の話です。
日曜日に仲の良い友人達と3人で映画を観に行こうという話になりました。
友人達を仮にAとBとします。

私の住んでる町は小さくて映画がある町まで出るということは、田舎の中学生の私達にとって大きなイベントでした。
土曜の夜、うきうきしながら家にいるとBから電話がありました。
「ごめん、明日バイオリンのレッスンがあったんだった。ちょうど映画が終わるくらいの時間にレッスンも終わるから○○町(映画館がある町の名前)の駅の改札あたりで待ち合わせしよう」
という内容でした。
Bは結構なおぼっちゃんだったのでバイオリンを習っていたのです。

3人そろって楽しく大きな町で映画を観られると思っていたので少しがっかりしましたが、映画の後に3人そろって遊べばいいやと気を取り直してその日は床につきました。

そんなわけで翌日、僕とA、二人で映画を観に行きました。
映画を観終わって二人で「面白かったねー」と話しながら駅に向かおうとした時、Aが「ねえねえ、このビルの3階まで上れば駅へ続く歩道橋があるよ」と言いました。

そこは大きな町だったので、駅前から複数のデパート等へと続く歩道橋が3階くらいの高さで広がっていました。
私も信号に捕まりながら歩くよりはいいなと思い、映画館の横にあるビルに入りました。

そのビルは小さな雑貨店がたくさん入っている雑居ビルでした。
私達は階段を見つけ、1階から上って行きました。
3階までつくと、店側に入る扉がありませんでした。
きっとそのフロアは倉庫か何かになってて、この階段からは一般の人が入れないようになってるのだと思い、私が
「やっぱり1階に戻って、普通に歩いて行こうか」
と言うとAは
「いや上ってみよう。4階からお店側に入れるかもしれないから、そしたら別の階段から3階に降りればいいよ」
と言いました。

しかし4階に上っても扉はありませんでした。
さらに5階へと進みました。しかし扉はありません。
だんだん私達も意地になって、どんどん階段を上って行きました。

10階位まで上ったでしょうか。私は少しおかしなことに気づきました。
外からこのビルを見たときは10階もなかったような気がしたのです。
しかしAは「もっと行くぞ」と張り切って進んで行きます。

私達は階段をどんどん上って行きました。20階くらいまで来て、私は完全におかしいと思いました。階段も何故か、古くさく、じめじめした感じになっていました。
ゲームのバイオハザードに出てくる、苔むした嫌な階段みたいな感じです。

私はこの時点でかなり怖くなっていたのでAに向かって
「ねえ、もう引き返そうよ。絶対変だよ、これ」
と言うと先を行くAは私に背中を向けたまま
「ハハハ、変だね」
と言います。
何をふざけてるんだと少し、気分を悪くした私は
「何笑ってんだよ!帰ろうって言ってるんだよ!」
と少し語気を荒めました。
するとAはまた
「ハハハ、変だね」
と言います。
私はそのAの言葉にさらにムッとしましたが、階段を上っていくAの姿が少しおかしいことに気づきました。

姿形はもちろんAなのですが、動作の一つ一つがおかしいのです。
確かに階段を上がる動作なのですが、何かこう、人間が人形を手で 動かしているような、ぎこちない動きでした。
右手、左手、右足、左足、それぞれが独立して動いているような、ともかく変な動きでした。

私は足がすくんでその場で立ち止まりました。
するとAが立ち止まりクルッと私の方へ振り返りました。

「ハハハハハハハハハ変だね、変だね、ハハハハハハハ」

と笑うAの顔を見て私は叫び声をあげました。
動作と同じく、顔の表情もぎこちなく、笑うAの顔。
何より、白目が無くなって眼球いっぱいに広がった黒眼が私に叫び声をあげさせました。

私は踵を返し、全速力で階段を駆け下りました。途中足がもつれて転びそうになりましたが、それでも無我夢中で駆けました。
気づくと雑居ビルの一階にある薬屋さんにいました。どうやって階段から出たか、その時の記憶はないのですが、パニックになってた私は後ろを振り返らずに駅まで走りました。

駅の改札につくと、Bが待ってました。
Bは
「遅い。映画が終わってから1時間も経ってるぞ」
と怒っていましたが、Aがいないのに気づくと
「Aはどうした?」
と聞いてきました。
私はこのまま外にいるとAが後ろからあの奇妙な動きで追ってくるような恐怖に襲われ、とりあえずBを促して駅に中にあるファーストフード店に入りました。

とりあえず私は起こったことをBに話しました。
うまく整理できずに話したので途中Bに「もう一度詳しく話せ」と何度も言われました。
最初はBは私がからかっていると思っているような態度でしたが、だんだんと真剣な顔つきになってきました。
というのはBは霊感が少しあるやつで、私達に起きたことが尋常では無いとピンと来たようです。

Bは
「とりあえずそのビルに行ってみよう」
と言いました。

私は嫌だと言いましたが「Aをほっとけないだろ」という言葉を聞いて
「確かにそうだ。Aは何かに憑かれたのかもしれない」
と思い件のビルまで行きました。

先刻と同じように階段を上ってみると3階にはCD屋さんへと続く扉がありました。
4階に上ってみるとゲームセンターになってて、そこも普通に入れました。
階段はそこで終わり。4階建てのビルでした。

私達は首を横にひねりましたが、その日はとりあえず家に帰ることにしました。
明日、もしかしたらAは普通に学校に来るかもしれないと思ったからです。

次の日、登校するとAは来ていませんでした。
私より10分ほどあとに来たBが顔を青くしながら今朝変な夢を見たと言いました。
その内容とは、Aが森の中を泣きながら裸足で歩いており、しきりに「悔しい悔しい」と呟いているというものでした。
Bはあれは単なる夢じゃないと言いました。でもどうしていいか分からないとBは言いました。

それから数日経ってもAは帰って来ず、捜索願いが出されました。
私とBも警察まで行って、その日のことを聞かれましたが、あの不思議なことは話しませんでした。

それから1ヶ月後くらいでしたか、Aが発見されました。それも死体で。

これは直接家族の方に聞いたわけではないのですが、何故か私の住んでる町から100キロ以上離れている隣県の山の中にある神社の境内の横で、カラッカラに干涸びて死んでいたそうです。
しかも死後1ヶ月は経っていたそうです。

当時はAが死んでとてつもなく不快な体験でしたが、日が経つにつれて忘れて行きました。この間Bに何年かぶりに会って「あれ何だったんだろう」という話になって思い出した体験談です。

前の話幽霊のイラスト次の話

スポンサーリンク

TOP