恐怖の泉

都市伝説の怖い話「暗い日曜日」

暗い日曜日は、1933年にハンガリーで発表された、ヤーヴォル・ラースロー作詞、シェレッシュ・レジェー作曲による歌です。
この歌には『聞くと自殺してしまう』という怖い噂があります。


1936年の2月、ハンガリーのブダペスト市警は靴屋主人ジョセフ・ケラーの死亡現場を調査していた。ケラーは自殺とみられ、部屋には遺書とみられるメモも見つかっていた。
そのメモには、とある歌の一節が引用されていた。自らの命を絶つ者が、辞世の句の代わりとして愛する歌の一部を引用することは、別に珍しいことではないかもしれない。しかしこの歌に限っては別だった。

その歌の名前は「暗い日曜日(Gloomy Sunday)」。
当時のブダペストでは、既にこの歌に関連した17人の自殺者が出ていた。

スポンサーリンク

この事態を重く見たブダペスト市警は、自殺とこの歌との因果関係は明らかになってはいないものの、販売と演奏の禁止に踏み切った。
しかし時既に遅く、すでに輸出されていた「暗い日曜日」は海外でも猛威を振るい、自殺者が相次いだそうだ。
いつしか「暗い日曜日」は自殺の聖歌とまで呼ばれるようになり、その騒動はかなり大きなものとなっていた。
イギリスのBBCでは、放送禁止の曲に指定されている。
暗い日曜日に関連する自殺者の話には、以下のようなものがある。

  • バーで、ジプシーバンドがこの曲を演奏したところ、突然男二人がその場で拳銃自殺した。
  • 少女が「暗い日曜日」のレコード盤を抱きしめたままドナウ河で入水自殺した。
  • バーで飲んでいた初老の紳士が、バンドに「暗い日曜日」をリクエストするなり、店の外に歩き出して頭を銃で打ち抜いた。
  • ベルリンで若い女性が首つりで命を絶った。足下には「暗い日曜日」のレコード盤が置かれていた。
  • ニューヨークでガス自殺した女性が、遺書に葬式で「暗い日曜日」を流すようリクエストしていた。
  • ローマで自転車に乗っていた少年が、ふと浮浪者の前で立ち止まった。少年はポケットの有り金を全て手渡し、フラフラと河へ飛び込み死亡した。後の調査で、浮浪者はただ「暗い日曜日」を口ずさんでいただけだ、と打ち明けた。

ちなみに作曲したシェレッシュ・レジェー、日本で『暗い日曜日』をカバーした阿部薫、そして阿部薫の妻・鈴木いづみはそれぞれ自殺によって命を落としている(阿部薫については自殺か事故死については定かではないようです)。

参照:X51.ORG : 1933年、自殺の聖歌『暗い日曜日』の謎暗い日曜日 - Wikipedia


私もユーチューブで原曲、日本語カバー版ともに聞いてみました。
とても暗い旋律と物悲しい歌詞ですが綺麗な歌で、引き込まれるような魅力はありますが…自殺はしていません(笑)
もし聞きたいという興味のある方は、ユーチューブなどの動画サイトで検索してみてはいかがでしょうか。


2015年7月13日に、某局のテレビ番組「月曜から夜ふかし」にて恐怖体験を街頭インタビューしていたところ、ある女性がこの曲にまつわる話をしていました。
「暗い日曜日」を窓を開けながら聞いていたら、何もないベランダに血痕のようなものが浮かんできたのだとか…。

前の話幽霊のイラスト次の話

スポンサーリンク

TOP