恐怖の泉

実話系・怖い話「声をかける女性」

これは私が体験した、有り得ない体験の話です。

私は色々あって専門学校を中退し、都会から地元へ戻った時がありました。
そして特に将来の予定もやる事も無い私は、たまたま街で再会した中学時代の同級生に誘われるまま、コンパニオンのバイトを始めたのです。

コンパニオンの仕事は同じ内容でしたが、向かう会場は違う事が多かったです。
その中に何度か行ったホテルがありまして、私はいつものように宴会が始まる前、トイレへ向かいました。
私は宴会の前、身だしなみのチェックとトイレでの離席を予防するために、必ず行くようにしていたのです。

スポンサーリンク

同僚をトイレに誘いましたが「さっき行っちゃったからいいよ」と言うので、私は1人でトイレへ向かいます。
トイレは3部屋並んでいてどれも空いており、私は中央の窓がある個室へ入りました。
そしていつも通り用を足していると、窓から突然
「こんばんは。いつもご苦労様。」
という声が聞こえたのです。

トイレ中にまさか声をかけられるとは思っていなかったのでビックリしたのですが、窓を見ると50代くらい?で鮮やかな紺色の着物の女性がこちらを見て微笑んでいました。
私は
(このホテルの仲居さんかな)
と思い
「いつもこちらこそお世話になっております~。」
と返事を返しました。
ところが、一瞬目を離してまた窓の方を見ると、女性の姿はありません。

私が窓から目を離したのは、ほんの一瞬の出来事でした。
消えたように感じましたが、いやきっと仕事が忙しいからすぐに戻ったのだろうと思い、私も戻ります。

トイレから宴会場の方へ戻る間、ホテルの仲居さんたちと何度かすれ違います。
ホテルの仲居さん達は、皆同じ薄い紫色の着物を着ていました。
さっき私がトイレで会った女性のように、綺麗な紺色の着物は誰もいません。
それでも「他の着物を着た仲居さんもいるのだろう」と思い、控室で準備をし、何気なく部屋に置かれていた「ホテル内案内マップ」を見た時…
私は凍りつきました。

さっき行ったトイレは3階。
しかし窓の外は人が立てる場所など一切無く、10mほど下に駐車場と庭が広がっているのみです。
つまり、あの窓の外から人が声をかけられるはずがないのです。

あの着物の女性は、どうやって立っていたのでしょうか?
後から考えると、人がトイレに入っているのに声をかけてくるのも不自然です。
こんな事が出来るのは…きっとこの世の人間ではないに違いない…。
この事実に気付いてから怖くて堪らず、宴会が終わった後も1人ではトイレに入れませんでした。

後日、またそのホテルで仕事となった時、思い切って感じの良さそうな仲居さんに
「このホテルに紺色の着物を着た仲居さんはいますか?」
と尋ねてみました。
すると
「紺色?紺はいないわね~。今着てる着物は新しいけど、これの前は薄い黄色だったし…紺はないわよ。」
とのことでした。

あの時、私に声をかけてきた女性の顔も着物の色も声の感じも、はっきり覚えています。
考えるだけで背筋がゾッとはしますが、勝手な推測で悪い霊ではなかったように思います。
優しく微笑んでいたし、私の身に悪い事も起きていないからです。

世の中、不思議な出来事ってあるものです。

前の話幽霊のイラスト

スポンサーリンク

TOP