恐怖の泉

実話系・怖い話「海で撮った写真」

これは仲の良い友人たちで集まって、夏に海へ遊びに行ったときの話です。
最初は浜辺ではしゃいでいたのですが、そのうち仲間の一人が
「あそこから飛び降りてみようぜ」
と小高い崖を指差して言いました。

その浜辺にはちょっとした崖になっている部分があり、飛び込んで遊ぶには格好の場所です。
高さはさほどないのですが、小さい頃は飛び込むのも勇気が試されたものでした。
久しぶりに海に来てテンションの上がった私たちは、早速その崖に走り出しました。

仲間の一人が高性能のカメラを持ってきていたので、みんなで思い出作りにとおもしろいポーズをとって飛び込む瞬間を撮影し、しばらく遊んでいました。

スポンサーリンク

どのくらいたったでしょうか…。しばらくすると

「あれ?Nどこいった?」

と一人が言い出しました。
いつの間にかNの姿が見当たりません。
みんなで浜辺を探し回りましたが見つからず、監視員のお兄さんにも話をして一緒に探しましたが、やはり見つかりません。
皆が「ひょっとして海で…」と最悪の事態を考えていました。
そのうち日も暮れてしまい「後はこっちで探しておくから帰りなさい」という監視員の方の言葉で、皆帰宅しました。

Nが見つかったのはそれから1週間ほど経った頃でした。残念ながら悪い予感は当たってしまい、Nは海で溺れたらしく帰らぬ人となってしまいました。

ショックを隠し切れない私たちはかなり動揺しましたが、いつまでも落ち込んでいてはNの魂も浮かばれないぞ!と思い、せめて最後の思い出となった海ではしゃいでる写真をN家族に渡そうと思いました。
ですがその写真の持ち主・Yが、いまいち乗り気ではありません。
問い詰めてみると、なにやら変なものが写真に写り込んでいる…というのです。

あまり喋りたがらないYの態度に痺れをきらした私たちは、Yの家で写真を見ることになりました。
写真には、楽しそうな皆やNの姿がありました。

「なんだ、良い写真じゃん!」
とYに言うと
「最後まで見てよ」
と一言。

最後に出てきた写真は、Nがふざけたポーズで海に飛び込む瞬間の一枚でした。
しかしその後ろには、海から伸びる無数の白い手が、ハッキリと写っていたのです。

飛び込もうとするNの後ろの海から、無数の白い手が伸びている心霊写真

前の話幽霊のイラスト次の話

スポンサーリンク

TOP