恐怖の泉

都市伝説の怖い話「ドッペルゲンガー」

Aさんはもう寝ようかと寝室へ向かい、部屋の明かりを灯して驚いた。
誰もいないはずのベッドには、なんと既に人が横たわっていたのだ。
思わぬ出来事にビックリしたが、よく見るとそれは自分にソックリの人間である。
全く状況が掴めず呆然としていると、その自分の姿は消えていた。

「なんだ見間違いか…。」

Aさんは単に疲れているのだと思い、そのまま床へついた。
しかしそれから不思議な事が起こり始める。

スポンサーリンク

「Aさん、この前〇〇にいましたよね。声かけたのに無視しないで下さいよ~。」

会社の同僚にそう話しをされたAさんは戸惑った。
何故ならそんな所に行った記憶がないのだ。

他にも多数の人からAさん、いやAさんに似た人を見たという話は度々聞かれた。
しかしAさんに全く心当たりがないのはおろか、そのAさんソックリな人を同じ時刻に違う場所で見た、という話まで出る始末になっていた。

「一体どうなっているんだ…?」

他人の空似じゃないかと思っていたAさんだったが、寝室に寝ていた自分を見たあの日からこのような事態になったことに、不気味なものを感じていた。
そしてついに決定的な出来事が起こる。

「オレさ…ついに自分で自分を見ちゃったんだよね…。」

そう切り出すと、Aさんは
「駅のホームの向こう側に、白黒になっている自分を見てしまった。」
と周囲の人達に話し始めた。

それから数日後、Aさんは突然死してしまった。


「世の中に自分と似た人間は3人いる」と言いますが、似ている他人どころか自分自身を目撃してしまう現象は古くから伝わっています。
いわゆる「ドッペルゲンガー」と呼ばれるものです。

過去には有名な著名人が自分のドッペルゲンガーを見たと証言しており、一部の現象は医学的・精神学的にも証明されています。
しかし科学では解明が不可能なドッペルゲンガーの目撃パターンも確かに存在しており、依然謎として残っています。

ドッペルゲンガーは不吉の前兆とされており、自分自身を見てしまった人は悲惨にも亡くなる傾向が高いとされています。

前の話幽霊のイラスト次の話

スポンサーリンク

TOP