恐怖の泉

実話系・怖い話「定年直前のIさん」

私が勤めている会社には、50代でとても仕事熱心な方がおられました。
仮にIさんというふうに呼ばせてもらいますが、Iさんは年をとられてから課長になられたので、すごく張りきって仕事をしていました。
平日は遅くまで仕事をして、休日も出勤して仕事をするという具合です。

会社は地方に工場があるため、課長になるとその工場に移動することはよくあります。
Iさんも仕事ぶりを評価されて、地方勤務の単身赴任になりました。
赴任先でも仕事に対する情熱には変わりなく、以前にも増して仕事をこなすようになっていました。
しかし激務の影響かわかりませんが、Iさんは体調を崩してしまい1ヶ月ほど入院することになりました。ところが入院しているのにもかかわらず、休日には会社に出勤して仕事をしていたそうです。
黙って出勤していたそうですが、たまたま会社にいた人が見かけたので問題になり、注意したもののそれでもやめないで休日に出勤していたそうです。

スポンサーリンク

さすがに会社も黙認してはいられなくなり、退院すると地方工場ではなく元の職場に復帰させました。
Iさんは移動にがっかりしたそうですが、家族の説得もありやむをえず受け入れたそうです。
会社にでられたIさんを見ると、顔や体がパンパンになっていました。薬の副作用らしいのですが足つきもおぼつかなくなっていたので、さすがに仕事を控えるのかなと思っていたのですが…やはり変わらず熱心に仕事をこなしていました。

Iさんは退院してからも何度か短い入院を繰り返していたそうですが、それでも休日には無断で会社に出勤することを続けていました。
するとその頃からおかしな噂が流れてきました。

それはIさんは入院しているはずなので、実は休日に出勤しているのは別の人ではないのか、というものでした。

実際に休日出勤していた人がIさんを見かけたのだが、普段は気軽に会話を楽しむのにもくもくとパソコンを操作していて、様子が違うと周りの人が言っているのは聞いていました。
しかし私も会社周辺で車を運転しているIさんを見ていたので、恐らく本人なのだろうとあまり気にしていませんでした。

そうこうしているうちに、Iさんの定年である6月が近づいてきました。そこで職場の人達と退職祝いを何にしようかと考えていた矢先、Iさんが亡くなられたという訃報がはいってきました。
実はIさんは半年ほど前から、もはやほとんど立ち上がることができないほど病気が進行していたらしいです。
この事実を知り、職場は少しパニックになりました。

ではあの休日に見かけていた人は誰だったのか?
実際に目撃した人の話では、それは確かにIさんだったと言います。
しかしIさんは、もう半年ほど寝たきりの状態だった…。
あれほど仕事熱心な方でしたから、きっと退職するまでしっかり仕事をしたかったのかな…なんてみんなで話ながら、不思議なこともあるものだとその時は思いました。

そしてIさんが亡くなられてから1ヶ月ほど後、仕事が忙しくなり私も休日出勤することになりました。
平日とは違って職場には私以外誰もいないので、自由気ままに仕事をこなしていてふとトイレに行こうとした折、デスクに見慣れたシルエットが見えました。
まさか…と思いつつ近づいてみると、げっそり痩せたIさんがそこにいました。

私が最後に見かけたIさんはパンパンの顔をしていたので、まるで別人のようでしたが確かにそれはIさんでした。
しかし、Iさんは既に他界しているので目の前にいるはずがありません。
私はふいに訪れた恐怖で思わず立ち止まってしまいました。心臓が飛び出るとはこういうことかと実感しました。
しばらく目を離せないでいると、Iさんは私の眼の前を横切って休憩所の方に移動していきました。
それを見届けた私は仕事もそっちのけで逃げるように帰宅しました。

その後、私は怖くて休日出勤することは断固として拒否しています。
亡くなってからも仕事に打ち込むなんてIさんらしいですが…あの痩せこけた表情は今でも忘れることができません。

前の話幽霊のイラスト次の話

スポンサーリンク

TOP