恐怖の泉

心霊スポット「雄別炭鉱」

雄別炭鉱(ゆうべつたんこう)は、1919年から1970年にかけて北海道釧路市に存在していた炭鉱です。

営業当時は国内トップクラスの石炭産出地として栄え、周辺には病院、学校、映画館、住宅街、鉄道などがあり市街地も整っていました。
人口も多い時では1万人を超えていたといいます。

ですが炭鉱という職場の特性上、常に危険が伴っており事故の記録も残されています。
1933年(昭和 8年) ガス爆発事故発生。死亡者5名、他怪我人多数。
1935年(昭和10年) ガス爆発事故が発生し、95名の死亡者が出る。
1955年(昭和30年) ガス爆発事故。死傷者77名の内、死亡者60名。
1967年(昭和42年) 落盤事故が発生。死亡者6名。
1968年(昭和43年) 崩落事故により4名の方が亡くなる。
1969年(昭和44年) ガス爆発事故により、死亡者19名、負傷者24名。

スポンサーリンク

雄別炭鉱の終わりは突然訪れました。
時代の流れで石炭の需要が低下していた時期に、1969年の事故対応が相まって経営が急速に悪化し倒産。
閉山となった雄別炭鉱から人々は退去することを余儀なくされましたが、設備は放置となったためゴーストタウンと化して現在に至っております。

実際に多くの死傷者が出た地であるが故か、その後廃墟となった雄別炭鉱周辺では「出る」という噂が囁かれます。
とりわけ病院跡地には心霊体験談が多く聞かれ、指折りの心霊スポットとしてその名を轟かす場所となりました。

気軽に現地へ赴くのはお勧め致しません。雄別炭鉱周辺は国有林であり、入林許可が必要となります。
残された建築物等も長年放置されているため老朽化が激しく、不測の事態が発生しても携帯電話は圏外のため使用不可です。
またヒグマの生息地であるため遭遇予防を万全にしておかなければ非常に危険です。

閉山により住み慣れた土地を去ることとなった方々の無念や、事故で死傷された方々のご冥福を祈って。合掌。

【雄別炭鉱の場所】

参照:雄別の歴史

雄別炭鉱の怖い話

私は雄別炭鉱の近くで生まれ育ったので、小さい頃から雄別炭鉱での心霊体験の話などをよく聞いていました。
これは学校を卒業して自動車免許を取った頃、友人たちとよくドライブに出かけていた時の話です。

ある日、友人達と4人でドライブに行くことになりました。
その車中、雄別炭鉱の話になりました。
それは友人の知人が雄別炭鉱へドライブに行って、廃墟となった病院に入り床が抜けてケガをしてしまったという話でした。
地元では有名な所でしたが、私達は誰も行った事が無く、暇を持て余していた私達は怖いもの見たさで雄別炭鉱に行ってみよう!となったのです。

夕方、友人Aの白い軽自動車で雄別炭鉱へ向かいました。
田舎なので日が暮れ始めると歩いている人は少なく、辺りはもう真っ暗です。

心霊スポットに車で行く場合、車の座席に空きがあるとおばけが乗ってくるから席は埋めて行かないとだめ!ということを聞いたことがありましたが、その日は4人だし大丈夫だねなんて話をしながら行きました。
しかし雄別炭鉱へ近づくにつれて、不穏な感じがしてきました。車の中でわいわい騒いでいた私たちも、少しずつ無言になります。

そして到着。
完全に廃墟でした。

雄別炭鉱の病院まで行く予定でしたが、あまりに不気味だったためそこまで行くことも出来ず、車から降りることもできませんでした。
人の気配など微塵も無く、自分の住んでいる町の近くにこんな場所が本当に存在したのか…と、とにかく不気味でした。
車の中からただ廃墟を見て、写真を撮ることもなく固まって見ていました。

幸い誰ひとり幽霊を見たり、おかしな言動といったこともなく無事にドライブは終わり。
結局そのまま、それぞれ自宅まで送ってもらって帰ることにしました。
帰る途中に休憩することとなり、全員車を降りてジュースを買って飲んで外の空気を吸いました。
その時初めて「不気味だったね…」「怖かったね…」とみんなで話しました。
雄別炭鉱では下手な事を口にしてしまうと、何かが起こりそうな気がしたのです。

それから数日後、雄別炭鉱へ行ったメンバーでまた集まることになりました。
その時に車を出してくれた友人が
「雄別炭鉱で何も感じなかったよね?その後も大丈夫?帰り道、休憩する時にみんなで車降りたけど、車に何も変化はなかったよね?」
と言い出しました。
何事かと聞いてみると、みんなを車で送った後家に帰って車から降りると、白い車に血のような赤い何かが付いていたらしいのです…。

運転中にもちろん事故など起こしていませんし、おかしなこともありませんでした。
帰り道の途中で休憩した時も、送ってもらって車を見送った時も、夜とはいえ白い車に何かがついていれば誰かが気づいたはずです。
運転していた友人の冗談かと思いましたが、そんなウソをつく性格ではありません。
それを聞いた私も友人もみんな、怖くなって泣いてしまいました。

車についた血のようなものにはどんな意味があったのか。なぜ誰ひとり気がつかなかったのか。
遊び半分でそのような場所へ行ってしまったことがいけなかったのかもしれません。
友人の車と私達は、その後一応お祓いに行きました。

その後、私達は雄別炭鉱に行ったことは一度もありませんし、そのメンバーでこの話も口にしないようにしています。

スポンサーリンク

TOP